SCEJ

化学工学会 新潟大会2014

講演プログラム(セッション別)


シンポジウム <化学工学教育におけるケーススタディ>

SC213-SC221

オーガナイザー 本間 俊司(埼玉大学)・木村 勇雄(新潟大学)

 各大学では,限られた時間の中でより大きな効果を上げるためにさまざまな工夫をしています。実験・演習・講義科目における工夫と効果に関する情報を共有し,化学工学教育のレベルアップに寄与したいと考えています。個人的な小さな取り組み,会社における社員教育,あるいは化学工学以外の分野からの参加も歓迎します。1件の持ち時間は19分で,その中で発表時間は12〜15分から選択できます。 口頭発表のみ。

講演
時刻
講演
番号
講演題目/発表者
C 会場・第 2 日
(13:00〜14:00) (座長 山際 和明)
13:0013:20SC213 アンケートから見える化学工学教育への期待
(同志社大理工) ○(正)塩井 章久
13:2013:40SC214 群馬大学における化学工学教育と実習
(群大院) ○(正)原野 安土
13:4014:00SC215 Excelを活用した化学工学教育
(東工大化学工学専攻) ○(正)伊東 章
(14:00〜15:00) (座長 木村 勇雄)
14:0014:20SC216 学生実験におけるLabVIEWを用いたプロセス制御コンテスト
(東工大院理工) ○(正)松本 秀行
14:2014:40SC217 MATLABによる数値シミュレーションを利用した学生実験の取組み
(埼玉大院) ○(正)本間 俊司
14:4015:00SC218 プロセス制御実験でデザインの発想を取り入れる試み
(新潟大工) ○(正)清水 忠明
(15:00〜16:00) (座長 本間 俊司)
15:0015:20SC219 化学工学実験における理論と実測の一致を目指した試み
(新潟大工) ○(正)清水 忠明
15:2015:40SC220 化学工学を専門としない技術者向けの化学工学基礎講習会
(新潟大工) ○(正)木村 勇雄(新潟大自) (正)山際 和明
15:4016:00SC221 リサーチインターンシップ-スマート・ドミトリー-による学習意欲の高進
(新潟大工) ○(正)山際 和明山内 健(新潟大) (正)鳴海 敬倫(新潟大工) 阿部 和久

講演発表プログラム
化学工学会 新潟大会2014

(C) 2014 公益社団法人化学工学会 The Society of Chemical Engineers, Japan. All rights reserved.
Most recent update: 2014-10-29 21:10:40
For more information contact 化学工学会関東支部 新潟大会 問い合せ係
E-mail: inquiry-kt2014www3.scej.org
This page was generated by easp 2.35; proghtml 2.35 (C)1999-2014 kawase