SCEJ

化学工学会 新潟大会2014

講演プログラム(セッション別)


シンポジウム <環境調和型生産を支援する分離材料・分離プロセス>

SA204-SA217

オーガナイザー 田中 孝明(新潟大学)

 膜分離・濾過・遠心分離・蒸留・吸着・イオン交換・抽出などの分離プロセスは,高品位物質の生産・所要エネルギーの低減・廃棄物の削減によってグリーン・イノベーションを達成するためのキー・テクノロジーです。本シンポジウムは,分離材料の開発ならびに分離プロセスの現象解明・高度化を総合的に討論することを目的とします。反応分離・バイオ分離などの演題も歓迎します。 口頭発表のみ。

講演
時刻
講演
番号
講演題目/発表者
A 会場・第 2 日
(10:00〜11:00) (座長 伊東 章)
10:0010:20SA204 ハイドレート化ガス分離装置における物質移動特性
(新潟大自) ○(学)清水 愛(学)服部 美紀(正)小松 博幸(正)山際 和明(正)多島 秀男
10:2010:40SA205 キチンゲルを用いた染料の吸着
(新潟大) ○(学)山崎 翔平(正)谷口 正之(正)田中 孝明
10:4011:00SA206 デプスフィルターを用いた高圧縮性粒子懸濁液の濾過
(新潟大) ○(正)田中 孝明
(11:00〜12:00) (座長 田中 孝明)
11:0011:20SA207 糖析を利用した水性2相法によるコハク酸の抽出
(同志社大理工) Pratiwi A. I.○(正)松本 道明(正)近藤 和生
11:2011:40SA208 イオン液体膜による空気中のVOC分離操作
(東工大化学工学専攻) ○(学)杉山 祐介(正)廣田 雄一朗(正)伊東 章
11:4012:00SA209 次世代バイオ分離プロセスの研究開発
(山口大) (正)吉本 則子○(正)山本 修一

(13:00〜13:40) (司会 田中 孝明)
13:0013:40SA213 [展望講演] 分離プロセス工学の現状と展開
(同志社大理工) ○(正)松本 道明
(13:40〜14:40) (座長 多島 秀男)
13:4014:00SA215 分配係数から評価したデンプンゲルの膨潤特性とコメへの適用
(京大院農) ○(学)謝 裕基(正)安達 修二
14:0014:20SA216 アミエビの亜臨界処理による新たな調味粉末の製造
(京大院農) Koomyart Intira永水 宏昇○(正)小林 敬(香川大農) 四日 洋和吉井 英文(京大院農) (正)安達 修二
14:2014:40SA217 固液分離を用いた自家血からの医療用材料の調製
(新潟大) 川瀬 知之○(正)田中 孝明

講演発表プログラム
化学工学会 新潟大会2014

(C) 2014 公益社団法人化学工学会 The Society of Chemical Engineers, Japan. All rights reserved.
Most recent update: 2014-10-29 21:10:40
For more information contact 化学工学会関東支部 新潟大会 問い合せ係
E-mail: inquiry-kt2014www3.scej.org
This page was generated by easp 2.35; proghtml 2.35 (C)1999-2014 kawase